menu

いつまでも健康な髪でいる

櫛で梳く人

多くの男性が抱えている悩みの1つが、AGAと呼ばれる脱毛症です。何らかの原因により髪の毛抜け、どんどん進行していくことで髪の毛のない頭になってしまうのです。AGAは専門クリニックで薄毛治療することで改善出来ますが、そうなる前に日頃から予防することが非常に大切なのです。毎日の生活の中でいくつかのポイントに気をつけるだけで、いつまでもフサフサな髪の毛でいることが出来る確率がぐんと高くなります。その中の1つのポイントには、禁煙することが挙げられます。タバコを吸うことで気持ちを落ち着かせたり、リラックスする効果を得られます。しかしそれは一時的な安心感であり、長い間吸い続けていると体に大きな影響を与えることとなるのです。体の心臓や肺だけでなく、頭皮にもダメージは行き届きます。頭皮の血液の流れを悪くし、栄養が行き届かなくなるのです。栄養不足になってしまった髪の毛は、元気がなくなり結果抜け落ちてしまうのです。すぐに禁煙するのは難しいでしょうが、本数を少なくすることから初めてみると良いでしょう。

薄毛治療を行なう前には、どのような原因で薄毛になったのか調べていきます。その中で最近増えている原因が、生活習慣の乱れと過剰なストレスによるものです。これら現代社会特有の原因でもあり、頭皮に影響してしまう前に予防することが出来るのです。過剰なストレスは心が窮屈になるだけでなく、酸素が行き届かない頭皮も窮屈になってしまいます。そうなってしまうと髪の毛は疲れ果てて抜け落ちてしまい、脱毛症を発症させてしまうことになるのです。日頃からストレスを感じている人や、溜まりに溜まっている人はストレスを発散させましょう。自分に合ったストレス発散法を見つけることで、毎日の積もり積もったストレスも発散させることが出来ます。忙しい生活や人間関係などはストレスな大きな原因となり、中々避けて通るのは難しいものとなっています。なので休日や仕事終わりの短い時間で、息抜き出来るストレス発散法を探してみましょう。体を動かすスポーツや映画鑑賞、旅行やカフェ巡りなど、ストレス発散法を見つけることでAGAを予防でき薄毛治療中の人はさらに効果を高められます。